不動産担保ローン関連用語

給水方式(マンション設備)

不動産担保ローンのお申し込みで担保物件となる不動産のうちマンションの割合は、首都圏になればなるほど5割以上を占めます。したがって、マンションの管理や設備等の基本的な知識が求められます。戸建住宅の場合は水道本管から直接供給されますが、マンションの場合は、階数があるため給水の仕組みが必要となります。マンションの給水方式の種類とその比較をまとめてみました。

給水方式の種類
給水方式の種類

給水方式の比較
種類 図解 概要
貯水槽方式 高架水槽方式 高架水槽方式 貯水槽(受水槽)に蓄えられた水を揚水ポンプでマンションの屋上に設置された高架水槽に送り、高架水槽から重力を使って各戸へ供給する。

メリット

  1. 停電時や水道本管断水時でも高架水槽の残量は供給可能
  2. 貯水槽に緊急災害用の採水口があれば、災害時等に貯水槽内の水を利用できる

デメリット

  1. 貯水槽や高架水槽の定期清掃・水質管理、揚水ポンプの点検等メンテナンスが必要
  2. 貯水槽や高架水槽、揚水ポンプ等の設置スペースが必要
加圧ポンプ方式 加圧ポンプ方式 貯水槽(受水槽)にためた水を加圧ポンプで直接各戸へ供給する。

メリット

  1. 貯水槽に緊急災害用の採水口があれば、災害時等に貯水槽内の水を利用できる
  2. 高架水槽の設置スペースが不要

デメリット

  1. 停電時、給水できない
  2. 貯水槽の定期清掃・水質管理、加圧ポンプの点検等メンテナンスが必要
  3. 貯水槽や加圧ポンプの設置スペースが必要
水道直結方式   増圧直結方式 増圧直結方式 水道本管から水を増圧ポンプの圧で各戸に直接給水する。

メリット

  1. 水道本管から新鮮な水が直接供給される
  2. 高架水槽・貯水槽の設置スペースが不要。コンパクトな増圧ポンプユニットの設置のみで、スペースを有効活用できる
  3. 水質管理が不要

デメリット

  1. 停電時、中高階層では給水できない
  2. 増圧ポンプの保守点検等メンテナンスが必要
  3. 各水道事業者、地域で設置が可能なところと不可能なところがある。
直圧直結方式 直圧直結方式 水道本管からの圧力のみで直接給水する。

メリット

  1. 水道本管から新鮮な水が直接供給される
  2. 機器等の設置スペースが不要
  3. 清掃・点検等メンテナンスが不要
  4. 停電時でも給水可能

デメリット

  1. 水道本管の供給圧力により水圧が左右される
  2. 低層マンションでしか採用できない(東京都は、原則3階建てまで)