不動産担保ローン関連用語

都市計画道路

都市計画道路とは、都道府県知事(あるいは市町村)の定める都市計画において都市施設として決定(都市計画施設)され、築造が予定されている道路を意味します。都市計画道路の予定区域内においては、計画の進捗状況に応じて、下記の建築制限を受けます。

  1. 計画決定以降の建築制限
    都市計画道路の予定区域内において建築物建築する場合、都道府県知事の許可が必要となります。許可が得られるのは原則として次の場合となります。
    1. @ 都市計画に適合した建築物であるとき
    2. A 次のいずれにも該当し、かつ、容易に移転・除去できるもの
    なお次の場合には許可は不要です。
    1. @ 都市計画事業の施行として行う行為
    2. A 非常災害のため必要な応急措置として行う行為
    3. B 階数2以下で、かつ地階を有しない木造の建築物の改築または移転
  2. 事業決定以降の建築制限
    事業の施行の障害となるおそれのある次の行為については、都道府県知事の許可が必要となります。
    1. @ 土地の形質の変更
    2. A 建築物の建築その他工作物の建設
    3. B 5tを超える物件の設置または堆積

<<重要事項説明書補足資料より>>