不動産担保ローン関連用語

都市計画区域

都市計画法で定められた規制の対象になる地域のこと。都市計画区域には(1)人口1万人以上で商工業などの職業従事者が50%以上の町村(2)中心市街地の区域内人口が3000人以上(3)観光地(4)災害復興地域(5)ニュータウンなどが含まれる。一定の開発行為については都道府県知事の許可、建築に当たっては建築基準法建築確認が必要。同区域内は、市街化区域市街化調整区域未線引き区域に分かれる。

(表) 都市計画区域の区分
国土 都市計画区分 @市街化区域 既成市街地及び市街化を図るべく区域
A市街化調整区域 市街化を抑制すべき区域
B未線引区域 計画決定が義務付けられているが、上記区分が定められていない区域
C非線引区域 計画決定が義務付けられていなく、上記区分が定められていない区域
準都市計画区域 都市計画区域外において一体の都市として積極的な整備・開発を行うまでの必要がないが、即時的な土地利用規制が求められる区域
都市計画区域外・準都市計画区域外 一定規模以上の開発行為について、開発許可制度が適用になる地域

<重要事項説明書補足資料より>