不動産担保ローン関連用語

ユニバーサルデザイン

デザイン思想の一つで、「できるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインする」という考え方をいう。ロナルド・メイス(ノースカロライナ州立大学ユニバーサルデザインセンター所長)が提唱したもので、文化や言語の違い、老若男女の差、障害・能力の如何を問わずに利用することができるように施設・製品・情報をデザインすることをめめざしている。
その原則として、

  1. 1) 公平に使えること(equitable use)
  2. 2) 高い自由度で使えること(flexibility in use)
  3. 3) 使い方が簡単ですぐにわかること(simple and intuitive use)
  4. 4) 必要な情報がすぐ認識できること(perceptible information)
  5. 5) 誤った使い方が危険につながらないこと(tolerance for error)
  6. 6) 身体への負担が小さいこと(low physical effort)
  7. 7) 接近・利用のための十分な大きさ・空間を確保すること(size and space for approach and use)

(これらをユニバーサルデザインの7原則という)、が提示されている。なお、「バリアフリー」は障害者を想定したデザイン原則であるが、ユニバーサルデザインはこれを含むより広い概念である。