不動産担保ローン関連用語

譲渡所得(土地や建物を売ったとき)

土地や建物の譲渡所得に対する税金は、他の所得と区別して計算します。土地や建物を売った年の1月1日現在で、その土地や建物の所有期間が5年を超える場合は「長期譲渡所得」に、5年以下の場合は「短期譲渡所得になります。課税譲渡所得の計算方法:譲渡価額−(取得費+譲渡費用)−特別控除額(一定の場合)=課税譲渡所得。特別控除額には、収用などのとき最高5,000万円、自分の住んでいる家屋と土地を売ったとき最高3,000万円。税率は、長期譲渡所得:所得税15%、住民税5%、短期譲渡所得:所得税30%、住民税9%(平成24年度)。