不動産担保ローン関連用語

取引履歴の開示

貸金業者と債務者との間の取引につき、最初の貸付けから最後の取引まで。取引日、支払額等の明細を開示すること、あるいはその開示を求めることです。債務者側では、開示を受けた取引履歴によって、その利率が適正なものかどうかを調査し、利息制限法所定の利率より高い利息を支払っている期間があれば、それを計算し直すということに利用することがほとんどです。

「貸金業者は、債務者から取引履歴の開示を求められた場合には、特段の事情のない限り、信義則上これを開示すべき義務を負う」 という要旨の判決があります(最高裁、平成17年7月19日)。