不動産担保ローン関連用語

割り印

契約書などの同じ文面の文書を2つ以上作成したときに、その文書が同一のもの、又は関連あるものであるということを証明するための印です。契約書の正本と副本、原本と写しのようなものを作成する時に使われます。