不動産担保ローン関連用語

代物弁済

債務者が、債権者の承諾を得て、すなわち契約によって、負担する給付に代えて他の給付をすることで債権を消滅させることをいいます。債権者と債務者の合意によることが必要であり、これによって、本来の債権債務は消滅します。

AがBに100万円を支払う義務を負うとき、A・B間の契約で金銭の代わりに宝石を給付して債権を消滅させる場合などです。弁済と同一の効力をもちます。代物弁済の予約はひろく担保の目的でなされます。

民法482条(代物弁済)

債務者が、債権者の承諾を得て、その負担した給付に代えて他の給付をしたときは、その給付は、弁済と同一の効力を有する。