不動産担保ローン関連用語

物上代位

担保物権の目的物の売却・賃貸・滅失・破損によってその物の所有者(担保権設定者)が金銭その他の物を受ける請求権を取得した場合に、その担保物権がこの請求権の上に効力を及ぼすこと。民法304条で規定。先取特権質権抵当権はこの効力をもつ。たとえば、抵当家屋が焼失して火災保険金請求権に変じたとき、債権者はその請求権を差押え、この請求権の上にも抵当権の効力を及ぼさせることができる。なお、この権利の行使のためには、金銭等の払渡しまたは引渡しの前に差押えなければならない。