不動産担保ローン関連用語

同時履行の抗弁権

民法533条で、双務契約における当事者の一方は、相手方がその債務の履行を提供するまでは自己の債務の履行を拒むことができます。この契約当事者の権利のことを同時履行の抗弁権と云います。契約当事者の公平を保つための権利ですが、相手方の債務が弁済期にない場合には、この権利を行使することはできません。