不動産担保ローン関連用語

共有部分

マンション等の区分所有建物では専有部分以外に、廊下や階段など共同で使用する部分があります。この部分を「共用部分」と呼びます。共用部分は原則として区分所有者全員の共有となり、その持分は専有部分の床面積の割合となりますが、下記の(C)以外は所有権等の登記はされません。

共用部分には下記のようなものがありますが、その範囲は一般に考えられているものより広く、内装部分を除いて自分の住戸の床や壁、専用のバルコニー等も、実は専有部分ではなく、全員の共有に属する共用部分なのです。

(A)

専有部分以外の建物の部分

共用の玄関、管理人室、廊下、階段、エレベーター室、柱・外壁・隣戸との境壁・屋根・床スラブ等の建物躯体部分、バルコニー、ルーフバルコニー

(B)

専有部分に属さない建物の付属物

エレベーター、専有部分以外の給排水設備、電気設備、電話配管、配線設備、ガス配管、給排気設備、消火設備、TV共視聴設備、玄関オートロック設備等

(C) 上の(A)と(B)は法律上当然に共用部分となるもので「法定共用部分」と呼ばれ、登記も行われません。これに対し、規約によって共用部分となるものがあります。この部分は「規約共用部分」といい、登記しなければ第三者に対抗できないので、一般に登記されているのが普通です。この例として、住居付きの管理人室、集会所、倉庫などがあります。

«重要事項説明書補足資料より»

マンション間取り図