不動産担保ローン関連用語

検索の抗弁権

保証人は主たる債務者が債務を(たとえ一部であっても)履行できるだけの資力を有しており、かつ執行が容易であることを証明すれば、債権者からの請求を拒むことができる。この場合、債権者はまず主たる債務者の財産について執行しなければならなくなる(民法453条)。『連帯保証人』の場合には、この権利がありません。