不動産担保ローン関連用語

保存登記

保存登記というのは、まだ所有権の登記のない不動産に対して、その所有者を確定するはじめての登記です。登記の甲区欄ができます。保存登記はほとんどが、不動産の内、建物で登記されます。建物が新築された時に建物表示登記を行います。建物表示登記とは、その建物がどのような構造で何階建てなのか、広さなどがわかるようなような登記です。表題部ができます。この表示登記でも所有者の記載はありますが、このままでは住宅ローンなどの抵当権の設定はまだ出来ません。

尚、不動産の内、土地についても土地区画整理事業における保留地となった土地や埋め立てて新たに生まれて土地などが考えられますので、保存登記がないこともありません。