不動産担保ローン関連用語

宅地

一般には土地登記簿上の「地目」の一つで、「建物の敷地用の土地」の意味で使われていますが、宅地建物取引業法ではかなり範囲が広く、建物の敷地用としての取引であれば登記簿上の地目に関係なく、全国すべての地域の土地が「宅地」であり、また、「用途地域」内では、建物の敷地用でなくても道路、公園、広場、河川、水路等以外の土地はすべて「宅地」に該当することになります。(宅地建物取引業法関係)

<<重要事項説明書補足資料より>>