不動産担保ローン関連用語

心裡留保

本人の真意とは異なる内容を、本人が外部に表示することをいう。例えば、家の購入を希望しているAがBに対し自宅の購入を申し込んだところ、Bは売却する気がないのに冗談でAに売却すると言ってしまったとする。この場合、内心の意思(売却するつもりはない)と、外部に表示された意思(売却する)とが食い違っている。内心の意思と外部に表示された意思とが合致しないことを表意者が知っていることを心裡留保という。心裡留保とは「真意を心のうちに留めて置く」という意味である。

このような心裡留保による意思表示は、有効な内心的効果意思を欠くものとして無効とするという考え方もありうるが、民法ではこのような真意と異なる意思表示をする本人は法の保護に値しないとの趣旨により、心裡留保にもとづく意思表示を原則的に有効と定めている(民法第93条本文)。

ただし、心裡留保にもとづく意思表示の相手方が、本人の真意に気付いていた場合(または通常の注意力を働かせれば真意に気付いて当然であった場合)には、相手方を保護する必要がないので、心裡留保にもとづく意思表示は無効となる(民法第93条但書)。

⇒ 通謀虚偽表示

⇒ 錯誤

⇒ 詐欺

⇒ 脅迫