不動産担保ローン関連用語

更改

当事者間の合意により新たな債務を成立させる(当事者の交替による場合も含む)ことによって、従前の債務を消滅させること(民法513条)。更改は、債務の消滅原因の1つとされています。

以上は、日本貸金業協会発行の«貸金業務取扱主任者 実務の手引き»より引用しています。

民法第513条(更改)

  1. 当事者が債務の要素を変更する契約をしたときは、その債務は、更改によって消滅する。
  2. 条件付債務を無条件債務としたとき、無条件債務に条件を付したとき、又は債務の条件を変更したときは、いずれも債務の要素を変更したものとみなす。