不動産担保ローン関連用語

絶対効と相対効(執筆途中、弁護士に相談中)

こんなケースがあります。債務者が行方不明となり、連帯保証人が債権者(貸金業者)に10年間、利息を支払いつづけていました。連帯保証人が債権者に対して、「5年で債務者の貸金債権は時効であるから、その後払った5年分の利息は不当利得で返還せよ」との訴えを起こしました。さて、法律はどう判断するでしょう?

簡単に時効の中断事由についてみてみましょう。
民法は、 ・請求(裁判、支払督促和解調停破産
差押えなど ・承認(支払いなど)
の3つを定めています。

それでは、それぞれの時効中断の事由は、債務者と連帯保証人に対しての効力はどう定めているのでしょう。

債務者が、3つの時効の中断事由に該当した場合には、連帯保証人に対しても時効は中断されます。(絶対効)

連帯保証人に3つの時効の中断事由が該当した場合は、同じように債務者に対しての時効が中断されるかというと、違うのです。
連帯保証人が請求を受けた場合に限り、債務者の時効は中断されます。(絶対効)
したがって、連帯保証人の自宅が差押えられたり、債務者に代わって利息等の支払いをしても、債務者の時効は中断されることはありません。(相対効)

冒頭の事例は、連帯保証人の時効援用を認め、債権者に対して、時効後5年間受け取った利息の返還を命ずる判断を裁判所はする可能性が大きいです。(※時効成立に必要な期間が過ぎたあとに、連帯保証人が債権者に返済した場合には、連帯保証人がもっていた「時効を援用する権利」がなくなり、時効が中断する、とする弁護士もいますが・・)

  • 絶対効
    ・・1人について生じた事由が、他にも効力が及ぶこと
  • 相対効
    ・・1人について生じた事由が、他には及ばないこと