不動産担保ローン関連用語

予告登記

イメージ イラスト

売買の無効または取消しにより、登記抹消を求めるなどの裁判が提起された場合に、この裁判の存在を知らしめて一般に広く警告するために、裁判所書記官の職権によってなされる警告的登記のこと。例えば不動産の売買にもとづく所有権移転登記がなされた場合で、その売買が売主に対する詐欺によってなされたものであったため、売主が売買の取消しを行なったうえで移転登記の抹消を求める民事裁判を提起したとする。この場合、裁判所書記官の職権により、登記記録の甲区に、「×番所有権抹消予告登記」という「予告登記」がなされることになる。ただしこの予告登記の制度は、実効性が薄いこと、濫用される実態があることという理由により、新しい不動産登記法(平成17年3月7日施行)では廃止されている