不動産担保ローン関連用語

表題部

不動産担保ローンの実務において、新入社員に課せられるのが登記事項証明書すなわち従前の登記簿謄本の見方を習得して、その内容(意味)を知ることができることからです。ふだん目にすることがありませんから、登記事項証明書の見方は慣れるまで大変です。
下の写真はある登記事項証明書の一例です。左ページ上部の部分が「表題部」です。見てお分かりのとおり、不動産の物理的な現況を示しています。
土地と建物では様式が異なり、建物でもマンションと戸建てでも様式が異なります。
また、表題部で大事なポイントは、「発生」「変化」「消滅」などが読み取れることです。建物においては、いつの時期に新築や増築がなされたか。土地で多いのは畑や田の農地から宅地に地目が変更になっていたり、土地の面積(地積)が増えていたり(縄延び)が示されていることがあります。

尚、不動産担保ローンを利用するお客さまには、ローン申込時に建物が増築している場合には当該の増築登記(表題部の変更)をお願いしたりすることがあります。

全部事項証明書 拡大