不動産担保ローン関連用語

代理

ある人(代理人)が他人(本人)に代わって第三者(相手方)に対して意思表示をし、または第三者から意思表示を受け、その法律効果がことごとく直接に他人(本人)に帰属する制度(民法99条以下)。単に他人の意思表示を伝達する使者とは異なる。代理人は本人のためにすることを示して代理行為をするのが原則であるが、商行為の代理は例外(商法504条)。

代理行為は代理人自身の行為であるから、代理行為の瑕疵はすべて代理人自身について決定される。また制限能力者でも代理人になれる。本人の意思に基づかずに法律の規定や裁判所の選任による代理を法定代理(例えば親権者・後見人などを法定代理人という)、本人の意思に基づく授権行為による代理を任意代理といい、その権限の範囲は個々の授権行為の内容によって定まるのが原則である。

代理人が自己の名義でさらに代理人を選任してその権限内の行為をさせることを復代理といい、代理人が復代理人を選任し得る権能を復任権という。復任権は法定代理人の場合は原則として認められるが、任意代理については制限される。その他、共同代理、双方代理、無権代理、表見代理等は代理の特殊な態様である。