不動産担保ローン関連用語

専有部分

区分所有建物のうちの独立して所有権の目的となる部分を「専有部分」といい、この部分が所有権等の登記の対象となります。

専有部分の床面積は、パンフレットや販売図面等では通常壁の中心線で計った「壁芯面積」で表示されます(俗に「カタログ面積」といったりします。)が、登記面積は壁の内側部分を計った「内法面積」となります。

床面積の規模により異なりますが、登記簿面積はパンフレット等のカタログ面積より数%程度小さくなるのが普通です。