不動産担保ローン関連用語

不当景品類および不当表示防止法

この法律の目的は、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示に よる顧客の誘引を防止するため、一般消費者による自主的かつ合理的な選択 を阻害するおそれのある行為の制限及び禁止について定めることにより、一 般消費者の利益を保護することとです。

公正取引委員会が所管していたが、2009年9月1日に消費者庁に全面移管された。従来の業務は消費者庁表示対策課が引き継ぎました。公正取引委員会による以前の「排除命令」は、消費者庁による「措置命令」へと名称が変更されました。

 → 改正景品表示法の新旧