不動産担保ローン関連用語

優先弁済

債権者債務者の全財産または特定の財産から弁済を受けるときに、他の債権者に先んじて自分の債権の満足を得ること。民法は債権者平等の原則にのっとっており、たとえば、ある債務者に対してAが300万円、Bが200万円、Cが100万円の債権をもっており、債務者に財産が300万円しかなかった場合には、A、B、Cはそれぞれ150万円、100万円、50万円の満足を得るにとどまる。優先弁済はこの平等を崩すものであり、前記の例でCに優先弁済が認められると、Aは120万円、Bは80万円、Cは100万円の範囲で債権の満足を得ることになる。さまざまな担保権には優先弁済を受ける力が認められているが、留置権には優先弁済権が認められていない。ただし、留置権者は、債務の弁済を受けるまでは目的物を留置することができるため、事実上は優先弁済を受けることができる。