不動産担保ローン関連用語

個人保証

中小企業などが融資を受ける時に「会社が返済できなくなったら代わりに自分が返す」と、個人が貸手に約束(保証契約)すること。経営者自身や家族、親類、友人が保証人になることが多い。ほとんどのケースは、保証人が債務者と同じ立場で無条件で請求に応じなければならない「連帯保証」となっている。

以上は、YAHOO!ニュースの毎日新聞2013.2.18の配信からです。現在進められている法制審議会で、企業に融資する際の個人保証を原則認めないとする民法改正案が検討されています。

担保ローンの場合には、担保物の換金で弁済した場合に債権が残っても、保証人はもとより債務者に対しても残債権の債権放棄を制度化してもいいのではないか?
資金需要者等の利益からみればどちらも画期的なことです。ただ、現状銀行業界は、「企業経営者の与信は、その企業の与信と同軸」「個人保証の禁止により企業融資が消極的になる」等の理由で民法改正案は受け入れられないでしょう。ただ、これは主に中小企業に向けられたものですね。大企業に対しての銀行の融資には代表者個人保証を条件としているのか、調べたいところです。中小企業が破綻した場合に、経営者個人がのうのうとしていることは少ないと思います。少ないといったのは、会社を破綻させて個人の資産を太らせるといった犯罪に等しいことが現実にあれば、別の法律で罰せられるべきです。1回の破綻で優秀な起業家が立ち直れないような経済制裁をするのでなく、再度チャンスのある社会の方が豊かだと思います。