不動産担保ローン関連用語

(マンション等)駐車場について

マンション等の駐車場の所有・使用の権利には種々の形態があるため、管理規約等をよく読んでそのマンションの駐車場がどのタイプに属するものかを充分理解しておく必要があります。

建物の地下や1階のピロティ部分又は別棟の車庫(建物といえない簡易なカーポートを除きます。)等の屋内駐車場は、専有部分として区分所有権の対象となっている場合が多く、住戸部分と共に分譲されているケースが殆んどです。この場合は、その区分所有者に所有権があるわけですから、自分が専ら使用できるのは勿論、住戸部分と共に譲渡することも、また、他人に貸すこともできます。広告などに「駐車場付き」と表示されているものの多くはこのタイプです。自分のものですから使用料は不要ですが、管理費はかかります。

もっとも、屋内駐車場でも構造上専有部分とならないもの又は規約によって共用部分としているものもあります。

敷地内の屋外駐車場(建物といえないカーポートを含みます。)は、区分所有者全員の共有又は準共有に属する敷地の一部ですから、使用できる権利は「専用使用権」ということになります。この専用使用権は専有部分でない屋内駐車場とともに、「共有物の使用に関する共有者間の合意」で認められたものと考えられます。

実際の運営は管理組合等が規約等に従って、申し込み順とか抽選などの方法で専用使用権者を決めています。使用料は管理費の会計に繰り入れて、全員に還元されるのが一般的です。

また、一見共有の駐車場のように見えても、その土地を第三者(マンションの分譲主や旧土地所有者等)が所有して、使用料はその所有者が収受するという場合もあります。この場合はマンションの敷地外となり、一般の貸駐車場と同様の賃貸借関係となります。

«重要事項説明書補足資料より»