不動産担保ローン関連用語

42条2項道路

基準時(建築基準法施行日又は適用日)現在で、既に建築物が立ち並んでいた幅員4m未満の道路で、特定行政庁が指定したものについては、道路の中心線から2m[特定行政庁が都市計画地方審議会の議を経て指定する区域(以下「幅員6m区域」といいます。)内では3m]後退した線が、敷地と道路の境界線とみなされます。

この後退すること又はその部分を一般に「セットバック」と呼んでいます。また、法律上一方的に道路とみなされるため「みなし道路」と呼ぶこともあります。

42条2項道路

以上の出典元は、「重要事項説明書補足資料」です。