不動産担保ローン関連用語

屋外広告物の規制

東京都では野外広告物法に基づき、美観風致を維持し、公衆に対する危害を防止するため、東京都野外広告物条例を定め、野外広告物の規制を行っています。規制される広告物は、広告塔、袖看板、壁面看板、屋上看板、野立看板、広告幕、ポスターボード、アーチ、アドバルーン、はり紙、はり札、立看板、電柱・標識利用広告、車体利用広告などで、野外に掲出または表示するものです。新宿区にこれらの野外広告物を掲出または表示しようとするときは、新宿区の許可が必要です。また、広告主、広告物の設置者、所有者、管理者等は、日常的に広告物を点検し、異常を発見したときは直ちに補修を行うなど、常時良好な状態を保つ責任を負っています。道路法、道路交通法、建築基準法など他の法令の基準を満たさないもの、公序良俗に反するもの、美観風致や周囲の環境を損なうもの、公衆に危害を及ぼすおそれのあるもの又は蛍光塗料・蛍光フィルムを利用したものなどは許可できません。無許可で掲出または表示したときは、条例により罰せられることがあります。