不動産担保ローン関連用語

相殺

債務者がその債権者に対して同種の債権を有する場合に、その債権と債務とを相当額だけ消滅させること(民法505条以下)。相殺し得るためには、当事者双方が同種の債権を対立させており、両債権が弁済期にあること、債務の性質が相殺を許すこと、当事者の意思表示または法律の規定が相殺を禁止していないこと、が必要です。

以上の出典元は、百科事典マイペディア(日立システムアンドサービス 2005 現 日立ソリューションズ)

⇒ 相殺適状