不動産担保ローン関連用語

住宅ローン減税

住宅ローンを利用して住宅を購入する場合に、購入者の金利負担の軽減を図るための制度が、住宅ローン減税制度です。銀行等から住宅ローンを借入れてマイホームを購入した場合、一定の条件を満たせば住宅ローン控除が適用され、所得税や住民税が減税されます。減税額は下表のとおりで、平成23年に一般住宅に入居の場合、最大で合計(10年間)400万円の税金が安くなります。なお、最大控除額は毎年少しずつ減額されることになっています。

※「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の規定に基づく認定を受けた長期優良住宅の場合、控除額は更に大きくなり、平成23年入居の場合、最大控除額は600万円になり、24年入居は400万円、25年入居は300万円、26年4月〜31年6月は500万円になります。