不動産担保ローン関連用語

モラルハザード

本来は「道徳的危険」moral hazardという保険用語で、被保険者の保険加入によって危険事故の発生する確率がかえって増大することを指す。近年では転じて企業経営者の経営倫理の欠如を指すことが多い。経営破綻した金融機関への公的資金の導入、大手ゼネコンの再建計画における株主や経営者の責任、中小企業への貸し渋り対策として上積みされた特別保証制度の保証枠拡大、経営危機に陥りながらも高額な役員報酬を受け取って退職する経営陣などを論じる際、最も重要なのがモラル・ハザードとされる。

以上の出典元は、百科事典マイペディア(日立システムアンドサービス 2005 現 日立ソリューションズ)