不動産担保ローン関連用語

動機の錯誤

民法95条(錯誤)では、「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない」、と規定しています。錯誤による意思表示のうち、その意思表示をした動機について錯誤があった場合のことを云います。例えば、土地が上がるだろうとの情報を得て、土地の買い付ける意思を表す。ところが、土地が上がるという情報は不確かだったので、動機の錯誤をもって無効を主張できるかです。このような動機の錯誤の場合、動機が意思表示の内容として相手方に表示されていた場合には、錯誤無効を主張し得ますが、そうでない場合には、無効を主張できないのが原則です。当然といえば当然で、思惑のような動機で契約ごとを無効とする相手方を保護する必要はないとしています。

要素の錯誤