不動産担保ローン関連用語

通謀虚偽表示

日本の民法において、相手方と通謀してなした虚偽の意思表示のこと。虚偽表示ともいい、意思の欠缺の一類型である。通謀虚偽表示は原則として無効であるが(民法94条1項)、この意思表示の無効は善意の第三者に対して対抗できない(同条2項)。なお、相手方との通謀の上になされる民法第94条の虚偽表示を「通謀虚偽表示」と呼ぶのに対し、表意者単独でなされる民法第93条の心裡留保を「単独虚偽表示」と呼ぶことがある。民法94条1項は、「相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。」と規定する。また、同条2項は、「前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。」とする。民法94条の典型的な適用事例は、自己所有の不動産に対する強制執行を逃れるために登記名義を他人へ移す場合(仮装売買)である。