不動産担保ローン関連用語

意思能力

法律行為を行なったときに、自己の権利や義務がどのような変動するかを理解するだけの精神能力のこと。制限行為能力者の法律行為は意思能力のない行為とみなされます。民法上明文の規定はないが、このような意思能力を持たない者(=意思無能力者)の行なった法律行為は、判例で無効とされています。意思無能力者とは、具体的には小学校低学年以下に相当する精神能力しか持たない者と考えられています。通常、法律行為が無効であれば、その無効は契約等の当事者の誰からでも主張することが可能とされており、意思無能力者の行なった法律行為も同様です。ただし、意思無能力者の法律行為が無効とされるのは、意思無能力者を保護する趣旨であるので、意思無能力者が無効を主張しない場合(契約等の効力の存続を希望する場合)には、契約等の相手方から無効を主張することは許されない、とする有力な学説があります。ケースによっては難しいこととなります。

以上の出典元は、不動産用語集|R.E.words by(株)不動産流通研究所