不動産担保ローン関連用語

消費貸借契約

借主が金銭などの代替物を消費し、種類・品質・数量の同じ物を返還することを約束する契約をいう。民法587条

消費貸借契約は、要物契約であり、借主の一方が義務を負う片務契約です。民法上の消費貸借は、無償(無利息)が原則であるが、商人間の金銭消費貸借契約においては、有償(利息付)が原則になっています。利息の支払い義務を負うかは貸主と借主の合意によって決まりますが、特に合意がないときは上記の原則が適用されます。
貸金業者顧客等の間で行う金銭の貸付に係る契約は、当然に消費貸借契約です。