不動産担保ローン関連用語

流動性配列法

貸借対照法の記載順序の原則の一つで、短期的に流動性の高い資産(換金性ある現預金など)、負債(返済期限の短期なもの)を上位に記載する方法で、殆どの会社で採用しています。固定資産の割合が高い電力会社やガス会社は、固定資産、流動資産の順に配列する固定性配列法を採用しています。