不動産担保ローン関連用語

限定承認

限定相続ともいう。相続によって得た財産の限度においてだけ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきところを留保して、相続を承認すること(民法922条以下)。相続財産がプラスかマイナスか不明の場合にこの制度の効果が発揮される。清算の結果、債務が残れば責任を負わず、相続財産が残ればそれを相続するという制度。限定相続をするには、被相続人が死亡したことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し出なければならない。相続人が数人ある場合には、すべての相続人が共同してしなければならない。
したがって、被相続人の債務が相続財産を上回っていることがはっきりしている場合には、相続放棄する方法をとります。