不動産担保ローン関連用語

居室の採光規定

住宅の居室には、床面積の7分の1以上、採光に有効な窓を設けなければなりません(建築基準法28条1項)。居室の採光規定があるため、一般論として、地下室に居間や寝室を設けることはできません。どうしてもこれらの部屋を地下に設ける場合はドライエリア(空掘り)を設けるなどの工夫が必要となります。中古住宅の媒介等にあたって、採光がない部屋であるにもかかわらず「寝室として」使用しているとついこれを「寝室」の数に数えてしまう危険性があり、注意を要します。採光が確保できていない部屋については、その広さに関係なく、[納戸]等、居室以外の用途で使用しなければなりません。