不動産担保ローン関連用語

日影規制による中高層建築物の制限

中高層建築物によって生ずる日影の時間を規制し、周辺住民に対し冬の最も太陽の低い時期でも一定の日照を保証するための規定です。建築基準法で定める日影規制は次の表のとおりですが、具体的な適用事項は地方自治体の条例で定められています。

日影による中高層建築物の制限(建築基準法56条の2)

(い)

(ろ)

(は)※

(に)

地域又は区域 制限を受ける建築物 平均地盤面からの高さ 種別 敷地境界線からの水平距離が5m〜10mの範囲における日影時間 敷地境界線からの水平距離が10mを超える範囲における日影時間
1

第1種低層住居専用地域

第2種低層住居専用地域

軒の高さが7mを超える建築物又は地階を除く階数が3以上の建築物 1.5m (一) 3時間(北海道2時間) 2時間(北海道1.5時間) 
(二) 4時間(北海道3時間)  2.5時間(北海道2時間) 
(三) 5時間(北海道4時間)  3時間(北海道2.5時間) 
2  

第1種中高層住居専用地域

第2種中高層住居専用地域

高さが10mを超える建築物 4m (一) 3時間(北海道2時間) 2時間(北海道4.5時間)
(二) 4時間(北海道3時間) 2.5時間(北海道2時間)
(三) 5時間(北海道4時間) 3時間(北海道2.5時間)
3

第1種住居専用地域・第2種住居専用地域・準住居地域・近隣商業地域・準工業地域

高さが10mを超える建築物 4m (一) 4時間(北海道3時間) 2.5時間(北海道2時間)
(二) 5時間(北海道4時間) 3時間(北海道2.5時間)
4 無指定区域 高さが10mを超える建築物 4m (一) 4時間(北海道3時間) 2.5時間(北海道2時間)
(二) 5時間(北海道4時間) 3時間(北海道2.5時間)
※平均地盤面からの高さとは日影時間の測定面のことで、その建築物が周辺の地面と接する位置の平均の高さにおける水平面からの高さをいいます。
  1. 規制対象地域と制限の種別は、地方自治体の条例で定められます。
  2. 「日影時間」とは、当時の日の「真太陽時」による午前8時〜午後4時(北海道は午前9時で生ずる日影が敷地境界線から一定の範囲内において規定の時間未満になるように、建築物の高さが制限されます。
  3. 建築物の敷地の地域の規制値とその日影が生ずる地域の規制値が異なる場合は、日影の生ずる地域の制限が適用されます。また、直接制限のない商業地域や工業地域内の建築物についても、その日影が規制のある地域に落ちる場合は規制の対象となります。
  4. 「真太陽時」とは、その時点における太陽の南中時(真南にくる時)を正午とする時刻法で、東経135度を基準とする中央標準時とは経度と季節によりズレが生じます。ちなみに、冬至の日における東京都心部付近の真太陽時の正午は、標準時の午前11時39分頃となり、そのときの太陽の高度(仰角)は約30度52分、日影の長さは高さの約1.673倍となります。
  5. 日影規制の内容は極めて技術的・専門的で難解なものとなっています。中高層の建築物の設計にあたっては建築士・建設業者等の専門家と十分にご相談ください。

«重要事項説明書補足資料より»