不動産担保ローン関連用語

畦畔

公図用語で二線引畦畔、岸とも言う。余り価値がなかったり、利用者や利害関係者が多かったりして具体的な所有者の所有地としての申告がなく、放置された土地。公図では緑色、薄墨色で着色表示されている。田畑等の農地に附属する畦畔、法面等で、公図上当該地が区画されてこの部分に地番が付加されず、又土地台帳にも外書き(外畔、外畦畔、本地の面積に入っていないもの)、内書き(内畔、内畦畔、本地の面積に入っているもの)した跡の認められないもの(未登録)を言う。このような無番地の土地は民有地ではなく官有地(大蔵省管轄)とされる。