不動産担保ローン関連用語

法定充当

弁済の充当の方法について当事者間に約定がない場合などには、民法に定める「法定充当」の定めに従う。法定充当の内容は、おおよそ次のとおり。

  1. 総債務のなかに弁済期にあるものとないものがあるときは、弁済期にあるものに先に充当する。
  2. 総債務が弁済期にあるとき、または総債務が弁済期にないときは、債務者のために弁済の利益の多いものに先に充当する。
  3. 債務者のための利益が同じであるときは、弁済期が先に到来するものを先に充当する。
  4. 上記の基準によって充当の順序が定まらないときは、各債務の額に按分して充当する。