不動産担保ローン関連用語

内法

建物の床の面積を測る際に壁の厚みを考慮しないで、壁の内側から測定した面積だけを床面積とする考え方です。不動産登記法では、分譲マンションなどの区分所有建物を登記する場合には、この内法で床面積を計算することとされています(不動産登記法施行令第8条)。分譲マンション業者の販売カタログに記載される専有部分の床面積が登記上の床面積と違う、なんてありますよね。

そこで、一方で、建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線を想定します。この中心線に囲まれた面積をだして床面積とする考え方があります。この考え方を壁心といいます。すなわち、左右の壁の厚さのそれぞれ半分が測定に反映される為、壁一枚分の厚さが縦及び横の長さに加算されることになり、内法に比べ床面積が大きくなるわけです。これで違うの理由がわかりますね。

マンション業者の販売カタログではこの壁芯を使うためカタログ面積と俗に言ったりします。そしてですが、建築基準法でも、建築確認を申請する際には、建物の床面積はこの壁心の考え方で測定することとしています(建築基準法施行令2条1項3号)。