不動産担保ローン関連用語

相続

ある人が死亡した場合に、その者と一定の親族関係に立つ者がその財産上の法律関係(債務も含む)を継承すること(民法882条以下)。

私有財産制度とともに発達した。

相続の中心は財産相続であり、ほかに身分相続、祭祀相続、祖名相続などがあるが、本質は財産の相続である。

相続の形態として、相続人を法定する法定相続主義と相続人を被相続人に選ばせる自由相続主義がある。

両者の調節をはかるために遺留分の制度が生じる。

法定相続主義には単独相続と共同相続とがある。

現行法は、遺言による財産の処分を認め、また相続分(相続人の間の相続割合)を定めることができるとしている。

ただし、遺留分を害することはできない。

遺言がなければ法定相続による。この場合、相続人は、第1順位は子、第2順位は直系尊属、第3順位は兄弟姉妹であり、配偶者はそれらの者とともに常に相続人となる。なお胎児も相続人になることができる。また孫以下の直系尊属は代襲相続人となる。

第1順位の子と配偶者が相続人であるときは、その相続分はそれぞれ1/2、配偶者と直系尊属の場合には2対1、配偶者と兄弟姉妹の場合には3対1である(民法900条)。

相続するか否かは相続人が自由に決定し得る。

相続する意思を表示することを相続の承認といい、無限に被相続人の権利義務を承継する単純承認と、相続によって得た財産を責任の限度として被相続人の権利義務を承継する限定承認とがある。相続拒否の意思表示を相続の放棄(相続放棄)と呼ぶ。