不動産担保ローン関連用語

売建住宅

デベロッパーが開発した宅地を分譲するときに、同時に宅地の購入者がその宅地に建築する住宅をその分譲業者に発注する方法で建てられた住宅をいいます。この場合の住宅の建築主はこの宅地の購入者個人になります。一方、建売住宅の場合は、建築主は不動産会社になります。建売住宅に比べると、設計などの自由度はかなり高いが、ハウスメーカーが宅地分譲者ならば、そのハウスメーカーであるいは建築を請け負う業者があらかじめ指定されることがあり、用意された建物設計モデルプランから選択して発注することも多いようです。なお、宅地分譲の方法は、大きく、宅地のみの分譲(更地分譲)と住宅付の分譲(建売分譲)に分かれますが、売建住宅はその後者の類型に近いですね。また、宅地分譲の際に一定期間内に住宅を建築することを条件とするやる方(建築条件付宅地分譲)がありますが、売建住宅はこの方法の一つです。