不動産担保ローン関連用語

絶対(最高・最低)高さ制限

写真:ビル群

建築基準法では、第1種第2種低層住居専用地域内の建築物の高さを10m又は12m(どちらになるかは都市計画で定められます。)以下に制限されています。(学校・神社・寺院などには例外規定があります。)また、地方自治体が定める「高度地区」の規定で、絶対(最高・最低)高さを制限しているところもあります。

<<重要事項説明書補足資料より>>