不動産担保ローン関連用語

保証契約

保証とは、主たる債務者が債務を履行しない場合に、その債務を主たる債務者に代わって履行する義務を負うことをいう(民法446条)。この義務を保証債務とよび、義務を負う者を保証人と呼ぶ。保証債務は、保証人と債権者との間で締結される契約(保証契約)によって生じる。保証契約は、書面でしなければ、その効力を生じない。保証契約がその内容を記録した電磁的記録によってされたときは、その保証契約は、書面によってされたものとみなすものとする。