不動産担保ローン関連用語

上物

土地の上に建物があるときには、この建物を「上物」と呼び、不動産の業界用語の一つですね。なお、不動産の販売図面や広告に、土地の上に家屋がある場合に「上物あり」と表現することがよくあります。また、上物の築年数が経過し、老朽化している等の理由で上物の価値がないと考えられるような場合には、不動産広告では「古家あり」または「廃屋あり」と表記するのが望ましいとされています(不動産の表示に関する公正競争規約第10条施行規則3条4号)。