不動産担保ローン関連用語

過払い金返還請求

貸金業者が規制されている金利に関わる法律は、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」(出資法)と「利息制限法」の2本の法律があります。平成22年6月17日まで、「出資法」の上限金利は年29.2%以下とされ、「利息制限法」の上限金利は(元金100万円以上の場合)年15%以下とされていました。この2本の法律の間の金利帯が「グレーゾーン金利」と言われていました。過払い金返還請求とは、上記のグレーゾーン金利を過去支払った『債務者』が「利息制限法」の上限金利を超えて違法に利息を徴収されたという事由で、「利息制限法」に基づき再計算した金額との差額を返還するよう貸金業者に請求することを言います。
一時の過払い返還請求の猛威は消費者金融最大手の武富士を破綻に追い込むこととなりました。
なお、『貸金業法』の改正に伴い、平成22年6月18日に「出資法」の上限金利が年20%に引き下げられるとともに、貸金業法において利息制限法を超える金利の契約が禁止されましたので、今後は「グレーゾーン金利」は発生しなくなります。