不動産担保ローン関連用語

分別の利益

写真イメージ:返済金

民法第427条では、「数人の債権者又は債務者がある場合において、別段の意思表示がないときは、各債権者又は各債務者は、それぞれ等しい割合で権利を有し、又は義務を負う。 」とされています。また、民法第456条では、「数人の保証人がある場合には、それらの保証人が各別の行為により債務を負担したときであっても、第427条の規定を適用する。」とされています。これにより、複数人の保証人が存在する場合、各保証人は債務額を全保証人に均分した部分(負担部分)についてのみ保証すれば足りるということになります。例えば、主たる債務の額が1000万円の場合、保証人が2人いるときには、各保証人は500万円ずつ支払えば足りることになります。

連帯保証人』の場合には、この分別の利益はありません。