不動産担保ローン関連用語

遺留分

一定の相続人のために法律上必ず留保しなければならない遺産の一定部分(民法1028条以下)。相続人が直系尊属だけであるときは被相続人の財産の3分の1、その他の場合は全体で被相続人の財産の2分の1(子と配偶者が相続人の場合には、子が4分の1、配偶者が4分の1、配偶者が死亡している場合には子が2分の1、配偶者のみの場合には2分の1)であるが、兄弟姉妹には遺留分がありません。被相続人が遺贈、贈与、相続分の指定などによって、この権利を害したときは、遺留分権利者は給付された財産の返還を請求することができます。これを遺留分の減殺請求といいます。