不動産担保ローン関連用語

容積率

延べ面積敷地面積で割った値のこと。例えば、敷地面積が100平方メートル、その敷地上にある住宅の延べ面積が90平方メートルならば、この住宅の容積率は90%ということになります。建物の容積率の限度は、原則的には用途地域ごとに、都市計画によってあらかじめ指定されています。
さらに、前面道路の幅が狭い等の場合には、指定された容積率を使い切ることができないケースもあるので、注意が必要です。

容積率緩和など建築基準法の一部改正が、平成26年7月1日より施行されました。これまで、建築基準法52条6項で、共同住宅の共用廊下や階段の床面積は容積率の算定から除外することと規定していましたが、新たにエレベーターの昇降路部分の床面積も除外規定に追加されました。新築、改築における分譲マンションやオフィスビルにとっては経済効果を生む施策といえます。(2014.8.29追記)